昼寝の効果

昼寝の効果

昼食のあとは、血液が胃に集中し、頭の方の血液が不足しがちです。

 

そして眠気を自然ともよおすようになります。

 

もちろん食後の眠気に個人差はあるものの、

 

お昼寝ができる環境であれば、できるだけお昼寝をされるとよいでしょう。

 

 

リクライニングの椅子、簡易ベッド、

 

畳敷きの部屋などがあると、最適です。

 

お昼寝のよいところは、疲れがとれて、

 

脳がリラックスできるので、その後の活動が、

 

活発になります。

 

つまり、ミスが減ったり、仕事がはかどりやすくなります。

 

 

しっかりと寝る時間がとれなくても、

 

眼をつむって、うとうとするだけでも、

 

同じような効果があるそうです。

 

 

しかし、お昼寝の効果を最大に引き出すには、

 

15〜20分程度にするのがいいと言われています。

 

それを超えると、ふかい睡眠にはいってしまい、

 

今度はすぐに目覚めにくくなり、

 

目覚めたあとも、もとの活動的なモードに切り替わるのに、

 

時間を要するようになるからです。