眠りの質

眠りの質

ぐっすり眠れ、朝快適に目覚めることができれば、

 

質のよい睡眠nをとれたといえます。

 

なかなか寝付けない、または夜中に何度も目が覚める、

 

ということがあれば、朝起きてからも、

 

疲れが残っていたり、爽快感がないでしょう。

 

 

睡眠は体と脳の疲労を取り去り、

 

細胞を再生させたりなど、人にとって不可欠のものです。

 

一日のうちおよそ8時間ほども、布団にはいっているので、

 

24時間中三分の一を、睡眠に費やしています。

 

 

質のよい睡眠をとれるかどうかは、

 

翌日の活動に大きく影響をあたえますので、

 

質のよい睡眠をとれていないと思える方は、

 

以下のようなことを考えてみてください。

 

 

★枕の高さや材質

 

★敷き布団の硬さや上布団の保温性

 

★寝る前の軽いストレッチ

 

★入浴と心身のリラックス感

 

★就寝前には、胃にものをいれない

 

★お酒の飲みすぎ

 

★寝室の環境

 

★適度な運動

 

 

寝る前には、できる限り神経が休まるようにして、

 

安心感のもてるようにしてみてください。

 

 

眠りの質関連エントリー

皮膚の再生
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
睡眠の効果
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
必要な睡眠時間
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには