必要な睡眠時間

必要な睡眠時間

人の睡眠は、約90分単位での周期が確認されています。

 

ですからだいたい6時間、7時間半くらいで、

 

浅い眠りになって、覚醒していくと考えられます。

 

 

6時間よりもずっと短い時間で、

 

充分な睡眠がとれる人もあるようですが、

 

大抵の人が、7時間〜8時間眠っているようです。

 

 

「2005国民生活時間調査」NHK放送文化研究所によると、

 

1日の睡眠時間は、平日7時間22分、

 

土曜7時間47分、日曜8時間14分となっています。

 

 

層別にみて平日の睡眠時間が短いのは、男女30〜50代。

 

曜日差に着目すると、男女60代以上や女50代は平、

 

日と土曜・日曜の差が小さく、

 

また、同じ年層の男女の比較では、40〜60代は、

 

各曜日とも女性のほうが男性より睡眠時間が短いが、

 

20・30代ではこうした傾向はみられず、

 

特に土曜の睡眠時間は、女性のほうが30分以上長い、

 

という調査結果になっています。

 

 

自分の適性な睡眠時間を知るには、

 

何時〜何時まで寝て、日中の疲れ具合や、

 

眠くなる頻度などを記録していくと、わかるようです。

 

 

日中快適に、元気に過ごせて、

 

ほとんど眠くならないか、午後に一度うたたねをする程度なら、

 

ほぼあなたに合った睡眠時間が確保されているといえそうです。

 

 

必要な睡眠時間関連エントリー

皮膚の再生
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
睡眠の効果
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
眠りの質
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには