睡眠の効果

睡眠の効果

人の眠りのリズムは「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を、

 

約90分間隔で繰り返しながら、覚醒へとむかいます。

 

寝入りばなには、深部体温を下げて、

 

一番深い眠りにはいっていきます。

 

その後浅い眠りの「レム睡眠」に移行し、

 

また深い眠りの「ノンレム睡眠」となり、

 

これを4〜5回繰り返していきます。

 

 

浅い眠りである「レム睡眠」では、

 

昼間の記憶の整理し、定着させていく、

 

成長ホルモンの分泌によって、けがを治したり美肌へ導く、

 

コルチゾールという物質によって免疫力がつき、

 

病気にかかりにくくなるとされる、

 

夢を見る、などが行われています。

 

 

また深い眠りである「ノンレム睡眠」では、

 

大脳を休め、疲れをとり、さまざまな情報を処理する、

 

脳を休めることで、ストレスを減らす、などが行われています。

 

睡眠の効果関連エントリー

皮膚の再生
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
必要な睡眠時間
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
眠りの質
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには