理想の睡眠

理想の睡眠

人は必ず寝なければ、生きてはいけません。

 

何日まで眠らずにいられるか、というギネスの記録ですと、

 

米国の17歳の高校生が11日という記録があるそうですが、

 

とても無謀なことです。

 

たいていは徹夜を一度するくらいで、

 

3日続けて起きていることは難しいはずです。

 

 

睡眠は昼間活動した体や脳を休め、

 

皮膚の再生や、疲労を取り除くのに不可欠です。

 

 

ここでは理想の睡眠について考えてみます。

 

質のよい睡眠をとって、日々元気に過ごせるようにしたいものです。

 

理想の睡眠記事一覧

皮膚の再生

睡眠が不規則だったり、忙しくて睡眠時間が短かったりすると、とたんに皮膚が荒れたり、吹き出物ができたりと、皮膚のトラブルを起こしてしまうものです。これは細胞の再生が、寝ているときに行われているからです。睡眠時間として理想的な時間は、夜10時から午前2時ごろとされています。この時間に成長ホルモンが分泌さ...

≫続きを読む

睡眠の効果

人の眠りのリズムは「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を、約90分間隔で繰り返しながら、覚醒へとむかいます。寝入りばなには、深部体温を下げて、一番深い眠りにはいっていきます。その後浅い眠りの「レム睡眠」に移行し、また深い眠りの「ノンレム睡眠」となり、これを4〜5回繰り返していきます。浅い眠りである「レム睡...

≫続きを読む

必要な睡眠時間

人の睡眠は、約90分単位での周期が確認されています。ですからだいたい6時間、7時間半くらいで、浅い眠りになって、覚醒していくと考えられます。6時間よりもずっと短い時間で、充分な睡眠がとれる人もあるようですが、大抵の人が、7時間〜8時間眠っているようです。「2005国民生活時間調査」NHK放送文化研究...

≫続きを読む

眠りの質

ぐっすり眠れ、朝快適に目覚めることができれば、質のよい睡眠nをとれたといえます。なかなか寝付けない、または夜中に何度も目が覚める、ということがあれば、朝起きてからも、疲れが残っていたり、爽快感がないでしょう。睡眠は体と脳の疲労を取り去り、細胞を再生させたりなど、人にとって不可欠のものです。一日のうち...

≫続きを読む