枕の種類にはいろいろとありますが、

 

低反発枕が登場するまでは、

 

主に、そば殻、綿、パイマー、羽根が多かったです。

 

寝心地がよければ、枕の中身はなんでもかまいませんが、

 

枕が高すぎたり、引くすぎたりすると、

 

熟睡できにくいようです。

 

 

一番安眠しやすいのは、枕の材質ではなく、

 

枕の高さだといわれています。

 

人の体は、背骨がゆるいS状になっていますので、

 

寝ている状態でも、この背骨の形が保たれるのが理想です。

 

そこで枕の高さですが、

 

横になったとき、体の中心から床に水平に引いた線と、

 

体の中心から頭の先に向かう線を描いたとき、

 

角度が15度になっているのが、一番理想の枕の高さだそうです。

 

NHKテレビの「ためしてガッテン」でも放送されていましたが、

 

枕の高さを決めるのに、まず座布団とバスタオルを用意して、

 

座布団を二つ折りにして、その上にバスタオルをたたみ、

 

枕として、横になってみます。

 

低いようならタオルを足し、高いようならタオルを抜いていき、

 

自分の一番楽な高さになるようにします。

 

その際一番、体が楽で、気持ちのよい高さとなるのが、

 

さきほどの、15度の角度だそうです。

 

こうして自分に最適の高さの枕を、覚えておかれるといいでしょう。

 

 

そして肩のところのすき間は、できるだけなくすようにした方が、

 

寝心地はよいようです。

 

肩に負担がかからず、肩、頭ともに力が抜け、

 

リラックスできるようです。

 

 

枕関連エントリー

布団(敷布団・掛け布団)
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには