安眠の条件

安眠の条件

ここでは、睡眠に欠かせない、枕と布団について、

 

考えてみます。

 

自分にあった快適な枕と布団で、

 

ぐっすりと安眠できれば、

 

朝、爽快な目覚めがやってきます。

 

疲れがとれた体は、一日活力に満ち溢れ、

 

気分もよく、前向きな態度で生活できることでしょう。

 

 

枕については、随分と研究も進んでいますので、

 

自分に最適な枕を見つけてください。

 

敷布団、掛け布団についても、

 

低反発式や、羽毛(または羽根)を使った、

 

高品質のものが出回っています。

 

以前からある、マットレスや綿布団も、依然として人気です。

 

 

豊富な種類の中から、あなたに最適なものを、

 

選択できるようになってください。

 

 

安眠の条件記事一覧

布団(敷布団・掛け布団)

布団には、敷布団と掛け布団がありますね。まず敷布団からみていきましょう。人は睡眠中には、体温が下がり、自然発汗によって、一晩で約200ミリリットルの水分を、出しているといわれています。そして、体を支える背骨はゆるいS字を描いていますので、これらの体の特色にそった、敷布団をさがすようにします。つまり、...

≫続きを読む

枕の種類にはいろいろとありますが、低反発枕が登場するまでは、主に、そば殻、綿、パイマー、羽根が多かったです。寝心地がよければ、枕の中身はなんでもかまいませんが、枕が高すぎたり、引くすぎたりすると、熟睡できにくいようです。一番安眠しやすいのは、枕の材質ではなく、枕の高さだといわれています。人の体は、背...

≫続きを読む