温度・湿度

温度・湿度

寝室の温度は、理想的には夏は25度、冬は13度くらいとされています。

 

また湿度は50〜60%が理想です。

 

(日本睡眠科学研究所により、実験結果により、

 

寝床内温度33±1℃、湿度50±5%RHが、

 

快適寝床内気象の目安として提案されています。)

 

 

真夏の寝苦しい夜には、お休みタイマーで、

 

1〜3時間程度のエアコン使用、

 

湿度の高い梅雨の季節は、除湿を行うだけでも、

 

理想の湿度に近づけます。

 

 

冬は室温が低いことと、

 

湿度が低くなるので、加湿器の利用もいいものです。

 

寝ているときに、のどが乾燥すると、

 

風邪を引きやすくなるので、

 

最適な湿度を維持するために、加湿器の利用を考慮してみてください。

 

ただあまり湿度があがると、

 

早朝、外気温が下がって、結露ができやすいです。

 

結露が続くと、カビがはえたり不衛生ですので、

 

その点ご注意ください。

 

冬は、体が冷え切っていると、眠りにくいので、

 

お風呂であたたまるなどして、

 

特に足(下半身)を暖かくしておくと安眠しやすいようです。

 

 

温度・湿度関連エントリー

音楽
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
明るさ
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには