安眠できる寝室の環境

安眠できる寝室の環境

眠りが浅い、またはよく眠った気がしない、など、

 

睡眠に不満があるようであれば、

 

寝室の環境について、少し考えてみましょう。

 

もちろん寝室の環境さえベストであれば、熟睡できるわけではありませんが、

 

安眠のために、非常に大きな要素になっています。

 

 

安眠できる寝室の環境として、

 

明るさ、音楽、温度や湿度、色について、みてみます。

 

 

これまでの研究や実験で、

 

眠りにつきやすい、安眠しやすい、一定の基準があります。

 

 

これらを目安にして、少しでも理想の寝室にして、

 

熟睡できる環境を整えてください。

 

 

安眠できる寝室の環境記事一覧

温度・湿度

寝室の温度は、理想的には夏は25度、冬は13度くらいとされています。また湿度は50〜60%が理想です。(日本睡眠科学研究所により、実験結果により、寝床内温度33±1℃、湿度50±5%RHが、快適寝床内気象の目安として提案されています。)真夏の寝苦しい夜には、お休みタイマーで、1〜3時間程度のエアコン...

≫続きを読む

音楽

心地よい眠りにはいるには、自分の好きな、リラックスできる音楽をかけておくのも、手です。自分が心地よい、安心できると思える曲であればいいのですが、意味を考えたり、全く好きでない曲はかえって寝にくいものです。できればクラッシック音楽の中から、選ぶとよいでしょう。クラッシック音楽以外に、最近では、リラック...

≫続きを読む

寝室に最適の色があります。「青い色」は不眠が解消されるので、不眠症の治療に、寝具や寝室のカーテンを青にして、治療がされているそうです。青を基調とした部屋では、脈拍が減少し、血圧は降下するという、野村順一氏の研究があります。(「色の秘密」文春文庫)またこの本の中で、J・バイカリーの実験で、青色は不安神...

≫続きを読む

明るさ

明るいよりは暗い方が、眠気を誘うものですが、ではどれくらいの暗さ(照度)ですと、眠りやすいでしょうか。一般に快眠をもたらすとされている照度は、30ルクス以下とされています。約30ルクスの明るさとは、印刷物の文字がかろうじて読める明るさで、約1000ルクスの明るさとは、学習机の電気スタンドで机を照らす...

≫続きを読む