牛乳(ミルク)

牛乳(ミルク)

眠りにつく前に、牛乳をコップ1杯ほど飲むと、

 

良く眠れるようになります。

 

これは牛乳に含まれる成分の働きによると考えられます。

 

牛乳には、ビタミンB群が含まれますが、

 

ビタミンB群は神経を鎮める働きがあるそうです。

 

また良質のカルシウムを含むので、イライラする感情を抑え、

 

牛乳に含まれるたんぱく質は、眠りを誘う効果があるとされる、

 

トリプトファンが含まれています。

 

さらに牛乳のタンパク質の中の“モルヒネ様ペプチド”という物質は、

 

睡眠を促す働きがあるそうですから、

 

なかなか眠りにつけないときなど、牛乳を飲んでみてはどうでしょう。

 

 

赤ちゃんがわけもなく泣くときに、

 

ミルクを飲ませると、泣き止んで眠ってしまうことがよくありますが、

 

これはお腹が満たされたのと、

 

睡眠を促す働きの“モルヒネ様ペプチド”の働きだといわれています。

 

 

牛乳を飲む際には、夏なら体温程度にあたためたもので、

 

胃腸を刺激しないようにし、

 

冬なら熱めの温度で、体の内側から温めるようにすると、

 

あせりも減り、落ち着いてくると思います。

 

 

乳糖不耐症と呼ばれる、下痢などを引き起こしやすい人は、

 

牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素をもっていない人ですから、

 

無理をして飲まないようにしてください。

 

 

牛乳(ミルク)関連エントリー

お酒
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
ココア
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
ハーブティー
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
生姜湯
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
飲んではいけない飲み物
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには