半身浴

半身浴

日本ではゆったりとお湯につかる入浴法が好まれます。

 

昔は湯船に肩までつかって温まるのが良いとされていましたが、

 

熱いお湯に全身をつけると、

 

心臓に負担がかかり、のぼせたりめまいを起こしまねません。

 

家庭用の浴槽で肩までつかろうと思うと、

 

浴槽の幅が狭いと、身体を斜めに傾かせるため、

 

不安定になりがちです。

 

 

湯船につかるのも、

 

肩までつかる必要はないとされるようになってきました。

 

 

「半身浴」といって、

 

腰またはおなかから上は湯船につけず、

 

ぬるめのお湯に20分程度ゆっくりとつかる方法が、

 

全身の疲れをとり、リラックス効果が高いとされています。

 

 

最初は上半身がやや寒く感じられるかもしれませんが、

 

しばらくすると全身がぽかぽかとあたたまってきます。

 

内臓への負担も少なく、

 

特に下半身の血行が非常によくなり、身体の芯まで温まりますので、

 

お風呂からあがったあとも長時間冷えずに快適です。

 

冷え性の女性や、

 

脚がむくみやすい人、

 

身体をよく使う仕事の人に特におすすめです。

 

 

お湯につかる時間はできれば20分以上がよいですが、

 

その時間を楽しみにできるように、

 

音楽を聴くなり、顔や手のマッサージをするなど、

 

ご自分で工夫をしてみてください。

半身浴関連エントリー

熟睡へさそう入浴法
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
ぬるめのお湯とオイル効果
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
冷え性の方には塩風呂
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには