ぬるめのお湯とオイル効果

ぬるめのお湯とオイル効果

夜ぐっすり眠れると、

 

朝の目覚めも快適で、とても活力に満ちた一日が送れます。

 

そこでぐっすり眠るための入浴法をご紹介していきます。

 

 

ぐっすり眠るためには、

 

ぬるめのお湯(38〜40度)に約20〜30分、

 

ゆっくりとつかります。

 

こうすることで、神経を落ち着かせ、

 

身体を休む方向へと導きます。

 

ここでのポイントは、「ぬるめのお湯」です。

 

熱いお湯につかると、神経を高ぶらせたり、

 

身体を活発にさせるので、よくありません。

 

 

ぬるめのお湯につかるとき、

 

リラックス系のエッセンシャルオイルを浴槽にいれると、

 

リラックス効果が倍増します。

 

エッセンシャルオイルは、植物によって特有の効果を併せ持ちます。

 

乾燥肌によく効くもの、にきびによく効くものなど、

 

さまざまですので、

 

肌のトラブルの改善にもひと役かいます。

ぬるめのお湯とオイル効果関連エントリー

熟睡へさそう入浴法
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
半身浴
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには
冷え性の方には塩風呂
ぐっすりと熟睡して、気持ちよく朝を迎えるには