熟睡へさそう入浴法

熟睡へさそう入浴法記事一覧

熟睡へさそう入浴法

一日の疲れをとって、心身ともにリラックスするには、やはりお風呂が一番です。銭湯や、健康ランドももちろん気持ちがよいですが、いつもは家庭のお風呂でさっと済ますことが多いのではないでしょうか。せっかくお風呂にはいるのなら、シャワーでさっと汚れを落とすだけでなく、湯船にゆったりとつかって、体を休ませると、...

≫続きを読む

ぬるめのお湯とオイル効果

夜ぐっすり眠れると、朝の目覚めも快適で、とても活力に満ちた一日が送れます。そこでぐっすり眠るための入浴法をご紹介していきます。ぐっすり眠るためには、ぬるめのお湯(38〜40度)に約20〜30分、ゆっくりとつかります。こうすることで、神経を落ち着かせ、身体を休む方向へと導きます。ここでのポイントは、「...

≫続きを読む

半身浴

日本ではゆったりとお湯につかる入浴法が好まれます。昔は湯船に肩までつかって温まるのが良いとされていましたが、熱いお湯に全身をつけると、心臓に負担がかかり、のぼせたりめまいを起こしまねません。家庭用の浴槽で肩までつかろうと思うと、浴槽の幅が狭いと、身体を斜めに傾かせるため、不安定になりがちです。湯船に...

≫続きを読む

冷え性の方には塩風呂

女性に多い冷え性。冬のみならず、夏でも手足が冷える人もいますね。冷えは万病の元になるとも言われます。不快な冷え体質を改善させるためにも、お風呂で体を温めましょう。お風呂にゆったり入ることは、冷えを解消するのにもってこいです。そして神経をリラックスさせるので、熟睡効果もあります。身体を温めるのに、もっ...

≫続きを読む